製品案内

超高濃度進化銀抗菌防臭液 IS-X NORO CLOSER

  • 商品一覧
  • 万能活用術
  • 抗菌力試験結果
  • お客様の声

広範囲のウイルス、菌に強力に作用

抗菌力試験では、下記の結果が証明されています。

抗菌力試験結果 ≪≫内は症状
大腸菌≪食中毒≫検出せず 肺炎棹菌≪肺炎≫検出せず
サルモネラ菌≪食中毒≫検出せず 緑膿菌≪床ずれが難治化、創感染≫検出せず
腸炎ビブリオ菌≪食中毒≫検出せず モラクセラ菌≪肺炎(誤嚥性肺炎等)・雑巾様臭等≫検出せず
黄色ブドウ球菌≪食中毒≫99.9%減少 白癬菌≪水虫≫検出せず
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)≪院内感染≫検出せず 大腸菌(O157)≪食中毒≫検出せず
  ノロウイルス≪食中毒≫ (代替:ネコカリシウイルス)検出せず
※大腸菌~白癬菌・・・社団法人京都微生物研究所にて2013~2014年検査実施
※大腸菌(O157)・・・財団法人日本食品分析センターにて2014年検査実施
※ノロウイルス(代替:ネコカリシウイルス) ・・・財団法人北里環境科学センターにて2013年検査実施
ノロウイルス不活化効果(代替:ネコカリシウイルス) 試験ウイルス:Feline calisivirus (F-9株)ATCC VR-782
  作用時間
初期 1分 3分 7分
IS-X使用時 3.2×1099.98% 不活化 ≦6.3検出限界値 ≦6.3検出限界値
IS-X未使用時 1.6×105 3.5×105 2.9×105 3.1×105
※≦6.3:検出限界値 単位:TCID50/mL ※ノロウイルス(代替:ネコカリシウイルス)による不活性化試験を行った
 ところ、3分以内に検出限界値を示す値となった。
※財団法人北里環境科学センターにて2013年9月実施。
白癬菌 Tr.mentagrophytes
  作用時間
初期 8分-1 8分-2 8分-3 平均
IS-X使用時 1.0×105 <10検出限界値 <10検出限界値 <10検出限界値 <10検出限界値
IS-X未使用時 1.0×105 8.8×104 1.1×105 8.6×104 9.5×104
※<10:検出限界値 単位:CFU/mL ※試供品10mlに10(7)の菌液0.1mlを接種し、25℃で作用させ経時的に生菌
 数を測定した。
 初期菌数はリン酸緩衝液(1/15M pH7.2)10mlに菌液0.1mlを接種し、これ
 より菌を測定した。
※社団法人京都微生物研究所にて2013年9月実施。
銀イオン抗菌剤(IS-X)感染価の変化
  感染価減少値
1分以内 3分
IS-X(log10) ※1 4.0 >4.6
IS-X(%) ※2 99.991% 不活化  
※1 各作用時間後の陰性対照に対する感染価対数減少値
  log10 (格作業時間後のPBSの感染価÷各作用時間後の試験品の感染価)
※2 log10をパーセント表記にした数値